オペ室管理システム

手術の安全性を最優先に手術室業務の効率向上を容易なオペレーションで実現します

オペ室管理の制度向上が求められています

病院でもっとも経費を消費する場所がオペ室です。一般にオペ室に関する請求漏れは、5%から20%もあるといわれています。決して無視できない金額になります。
しかし、今までこのオペ室を容易に管理できるシステムがありませんでした。メディアスオペマネージャーなら使いやすく導入も簡単です。

手術室は院内コストの30%以上を消費します

手術室は院内コストの30%。多いところでは50%ちかくにもなるコストセンターです。この非常にコストを消費する手術室を管理することは非常に重要だと思われます。 DPCに対応した、原価計算の精度を実質的なものにするためにも、この手術室のコスト把握はいっそう重要な事柄になってきます。


オペマネージャーで問題解決!!

メディアスオペマネージャーなら今まで難しいとされてきた多くの問題を解決します。


ミスが許されない命に直結した場所だから

オペマネージャーは、わかりやすい操作・正確な情報収集・確実なオペの準備をモットーに手術室の通常業務を邪魔せず、管理を強化にサポートします。

シンプルな操作でオペ室を管理

操作画面は、シンプルでわかりやすく。その時に、必要な情報だけを絞り込んで表示します。また、入力ミスを避けるための工夫は現場から求められる重要な要素のひとつ。 疲れているからといって、入力ミスが許されない、厳しい現場に対応しました。

データの収集は正確に

もちろんデータの収集は確実です。
また、他のシステムとの連動もお気軽にご相談ください。

準備が良いだけでも効率は変わります

疾病別、ドクター別はもちろん、術式別ドクター別によく使う材料、 備品の手配や、オペ貸機材の手配まで管理します。 また、忙しい病院スタッフのスケジュール管理などを見ながら、手術を効率的に安全に行うための準備が行えます。

基本的に、院内に導入されているシステムから各種情報を取得し実績として電子カルテなどの、他のシステムへデータ転送します。


※詳しくはお問い合せください